基本方針

2019年度理事長方針

 

基 本~その先にあるもの~

 

第44代理事長 山元 一也

 JCは、20歳以上の品格ある青年で構成され40歳を卒業とし、常に新しい感性と、各々が社会生活の中で培った経験を基に様々な機会を通じ、共に磨き合い、地域のために役立つ人材を輩出する。つまり、人間開発から始まる社会変革を目的とした唯一無二の個性を持った組織、それがJCなのです。


〜青年会議所・組織の基本〜

 青年会議所は会議体です。会議では、多くの重要事項を迅速に判断し、決定していかなくてはなりません。当たり前のことかもしれませんが、理事会は理事会メンバーで構成しています。だからこそ、理事としてメンバーの代表だという自覚をしっかり認識し規律とルールを遵守した設営をする。そして、全員が意識を高く持ち取り組むからこそ素早い判断ができるスキルが習得できる。会議の場で多くのスキルを習得することで、素早い判断と実行力を養い、地域や仕事で多くの課題を解決に導くことのできるリーダーを目指しましょう。

 私たちの活動をまちづくり運動へと昇華していくためには、多くの市民を巻き込んでいく必要があります。しかしながらまちに住む多くの市民の方は我々の運動のことや、団体のことすら知らないのが実情です、運動に参画して頂くためにまず必要なことは我々のことを知っていただくことが必要です。まちへの熱い想いに自信を持ち、私たちの魅力を時流に応じた方法で計画的に発信をすることで多くの市民に伝われば、私たちの組織と運動が大きく発展していくでしょう。


〜新たな仲間との出会いの基本〜

 公益社団法人栗東青年会議所の運動をより活動的に私たちが住まう栗東を「生涯暮らしたい栗東(まち)」にするべく運動を続けるためには、会員の拡大が課題です。組織の持つ可能性を一段と広げることで、まちに少しでも大きなインパクトを与え続けられる活動を行うためには、自らも成長しながら、このまちをより良く変えていこうという同じ志を持つ仲間を一人でも多く作る必要があります。

 多様な人財が集まり、まちに対して想いを一つにし、切磋琢磨するからこそ互いが成長し、そして組織の発展へと繋がるのです。


〜まちづくり運動の基本にすべき想い〜

 生涯暮らしたい栗東(まち)という大きな目標を目指す我々の運動においては、市民の方にどのような変化を与えられるかが基本になります。

 1つの事業を通して心に残る体験をすることができればその想いは一過性で途切れることなく、人を介し他人に伝播し時を経て大きく広がりをみせていく、そんな運動こそが青年会議所の運動なのです。

 そのように想いを伝播できるようにしていくためには、市民それぞれが自らの地域への意識を持ったうえで、我々のまちづくり運動を肌で感じることが必要です。市民が主役となって取り組むまちづくりの場を提供することで大きな運動に広がる可能性を見出すことが可能です。また、我々自身が開催する事業以外にも、様々な団体と関わることでまちづくりに寄与できるのであれば、率先して取り組むことも必要です。



~子供たちの未来のための基本~

 いつの時代においても次世代を担う青少年の育成は我々の大きな基本課題です。そして、時代によって青少年を取り巻く環境は大きく変化をしていっています。そのような中、我々自身がしっかりと未来を描く中で、今一度現状を把握し、現代に即した事業の内容を検証することが必要なのです。近年取り組んでいる移管に向けた動きもさらに具体的になるように現実的な取り組みを積み重ねるべきです。このまちの未来のために新たな一歩を踏み出しましょう。


~学びの機会である例会に臨む基本~

 青年会議所の例会への参加は会員としての義務になっています。それは、我々自身が地域のリーダーとして常に自身の成長を意識し学び続ける姿勢を持つことが基本となっているからです。

現在では多くの社会問題が存在し学ぶべきことは無数にあるように思えます。だからこそ、その瞬間、その環境で最も必要な学びとは何であるのかを見極めて、実際に社会で通用するスキルを学ぶことができる場であるべきです。

 また、例会の内容だけではなくいかに参加するメンバーの社業やプライベートまたは人生の糧となるかを基本から考えないといけません。いかに参加してもらい、いかに例会内容を理解してもらえるのかそこまでを通してしっかりと学びの場を構築し実践していきましょう。


~青年会議所に身を置くにあたっての基本~

 三信条の一つに掲げられているように、友情は我々が日々活動をするなかで得ることができるとても重要な物です。

 しかしながら、青年会議所における友情は単に仲良くなるとは一線を画すものです。組織の目的を達するためにお互いが励まし合い切磋琢磨しながら一つの目標に向かい努力し続けるからこそ真の友情が築けるのです。会員同士また、対外の方々との交流であっても同様です。限られた時間の中でいかに情報を共有しそして次のステップへの糧とできるのか、常に青年会議所の基本である高みを目指しながら向き合ってください。そうすることで、組織力の向上のみならず永遠の親友というかけがえのない宝物が手に入るのですから。

 そして、私達は日々多くの選択の中で、そして時には他を犠牲にして活動に取り組んでいます。活動をするためには多くの方の協力があって今日を迎えていることを忘れず感謝の気持ちを持って全てに取り組みましょう。

基本方針

公益社団法人栗東青年会議所の会員であることに誇りと自信を持とう

 

志を同じうする新たな仲間を増やす会員拡大に取り組もう

 

基本を知り得たものを時代に沿うよう遺憾無く発揮しよう

運営方針

  • メンバー全員を巻き込んだ会員拡大
  • 仮入会員・新入会員のフォローアップ
  • 熱く語り合う活気ある会議の実施
  • 効果的な情報の受発信と市民が魅力を感じられる対外PR
  • 新入学児童写真撮影事業の実施
  • 多くの気づき学び夢のある例会の企画運営
  • Arch Joint Vision2015に基づく他団体と連携したまちづくり事業の実施
  • 他団体と連携、協同する青少年育成事業の移管の検討、または実施
  • メンバーが多く参加する懇親会の実施と出向者支援
  • メンバー各種事業への積極的な参加の呼びかけと設営